RSS

杢杢工房 野村収 作・伊勢神宮御神木・万年筆

杢杢工房 野村収 作・伊勢神宮御神木・万年筆
 
■杢杢工房 野村収 作・伊勢神宮御神木・万年筆

平成25年の第62回式年遷宮の際に払い下げされた
神宮のお宮に使われていた本物の伊勢桧を使用

杢杢工房 野村収 作・伊勢神宮御神木・万年筆

伊勢神宮では20年に1度、お宮の全てを建て替える式年遷宮が行われます。
この筆記具は、平成25年(2013年)の第62回式年遷宮の際に払い下げされた、神宮のお宮に実際に使われていた本物の伊勢桧を胴軸の素材としています。
さらに胴軸の一部(茶色部分)に御山杉がインサートされ、絶妙なアクセントとなっています。
伊勢神宮の敷地に育った杉は神宮杉と呼ばれ、天照大御神が宿られる依代として祀られ数百年もの間、この地を守る御神木として大切に育てられてきました。その神宮杉がごく稀に自然に倒れることがあり、それが御山杉と呼称を変え、ごく限られた業者に払い下げられます。

 

胴軸の一部(茶色部分)に御山杉がインサートされ
絶妙なアクセントとなっています

杢杢工房 野村収 作・伊勢神宮御神木・万年筆
極めて希少な御神木を用い、伊勢のクラフトデザイナー野村収氏が創作したのが本作品。野村氏の杢杢工房は伊勢神宮の御神木払い下げを受ける数少ない業者の一つで、筆記具の工房としては唯一です。
銘木コレクターとしても知られる氏の生み出す筆記具は表面塗装を極力薄くすることで木の持つ風合いを最大限生かす工法が特徴です。
杢杢工房 野村収 作・伊勢神宮御神木・万年筆

杢杢工房 野村収 作・伊勢神宮御神木・万年筆

価格:

32,400円 (税込)

購入数:

■ 商品説明

伊勢神宮では20年に1度、お宮の全てを建て替える式年遷宮が行われます。この筆記具は、平成25年(2013年)の第62回式年遷宮の際に払い下げされた、神宮のお宮に実際に使われていた本物の伊勢桧を胴軸の素材としています。さらに胴軸の一部(茶色部分)に御山杉がインサートされ、絶妙なアクセントとなっています。 伊勢神宮の敷地に育った杉は神宮杉と呼ばれ、天照大御神が宿られる依代として祀られ数百年もの間、この地を守る御神木として大切に育てられてきました。その神宮杉がごく稀に自然に倒れることがあり、それが 御山杉と呼称を変え、ごく限られた業者に払い下げられます。 極めて希少な御神木を用い、伊勢のクラフトデザイナー野村収氏が創作したのが本作品。野村氏の杢杢工房は伊勢神宮の御神木払い下げを受ける数少ない業者の一つで、筆記具の工房としては唯一です。銘木コレクターとしても知られる氏の生み出す筆記具は表面塗装を極力薄くすることで木の持つ風合いを最大限生かす工法が特徴です。 ●サイズ(約)/長さ132×最大胴軸21mmФ(グリップ含む) ●重さ(約)/49g ●素材/伊勢桧、御山杉、合金 ●高級桐箱収納 ●日本製※天然素材を使用し、一点ごとに手作りで仕上げるため、サイズや重量、木目や色合いなどが商品ごとに多少異なりますのであらかじめご了承ください。 ■ご注意 ※掲載商品は撮影時の光源や画面表示の都合上、現品と多少色合いが異なる場合もございますので予めご了承下さい。 ■広告文責 株式会社ルイアンヌ

■ 商品仕様

製品名杢杢工房 野村収 作・伊勢神宮御神木・万年筆

■伊勢神宮では20年に1度、お宮の全てを建て替える式年遷宮が行われます。この筆記具は、平成25年(2013年)の第62回式年遷宮の際に払い下げされた、神宮のお宮に実際に使われていた本物の伊勢桧を胴軸の素材としています。さらに胴軸の一部(茶色部分)に御山杉がインサートされ、絶妙なアクセントとなっています。
伊勢神宮の敷地に育った杉は神宮杉と呼ばれ、天照大御神が宿られる依代として祀られ数百年もの間、この地を守る御神木として大切に育てられてきました。その神宮杉がごく稀に自然に倒れることがあり、それが
御山杉と呼称を変え、ごく限られた業者に払い下げられます。

極めて希少な御神木を用い、伊勢のクラフトデザイナー野村収氏が創作したのが本作品。野村氏の杢杢工房は伊勢神宮の御神木払い下げを受ける数少ない業者の一つで、筆記具の工房としては唯一です。銘木コレクターとしても知られる氏の生み出す筆記具は表面塗装を極力薄くすることで木の持つ風合いを最大限生かす工法が特徴です。

●サイズ(約)/長さ132×最大胴軸21mmФ(グリップ含む)
●重さ(約)/49g
●素材/伊勢桧、御山杉、合金
●高級桐箱収納
●日本製※天然素材を使用し、一点ごとに手作りで仕上げるため、サイズや重量、木目や色合いなどが商品ごとに多少異なりますのであらかじめご了承ください。

ご注意 ※掲載商品は撮影時の光源や画面表示の都合上、現品と多少色合いが異なる場合もございますので予めご了承下さい。
広告文責 株式会社ルイアンヌ

ページトップへ